フィンペシアの通販=個人輸入の仕組み、教えます

通販=個人輸入の仕組み

個人輸入で購入できるフィンペシア。
そんなフィンペシアは個人輸入代行の通販サイトを利用すると簡単に手に入ります。

なぜ国内では購入できず個人輸入からしか手に入らないのか、また通販サイトからの個人輸入とはどういったものなのかをまとめました。

フィンペシアは国内未承認薬

日本では取り扱い禁止

プロペシアのジェネリックであるフィンペシア。

プロペシアは国内の病院やクリニックから処方してもらえますが、フィンペシアは処方してもらうことはできません。
それどころか、国内での取り扱いがないのです。

それはなぜなのか。
すべてのお薬は国内で取り扱われる時、厚生労働省にて承認をもらわなければなりません。
しかしフィンペシアはまだ承認をもらっていない未承認薬
国内での取り扱いが認められておらず、病院やクリニック、ドラッグストアや通販にいたるまで、国内では購入できないのです。

フィンペシアは個人輸入が認められている

未承認薬であるフィンペシアは、国内では取り扱いがなく購入できません。
しかし、未承認薬であっても手に入れる方法があります。
それが海外から商品を購入する個人輸入

海外からお薬を購入してもいいの?と不安になるかと思いますが、お薬の個人輸入は国によって認められています
そのため、ルールを守れば合法的に、安心してフィンペシアを購入できるのです。

フィンペシアの個人輸入は通販サイトから

パソコンとスマホ

個人輸入で購入できるフィンペシアですが、個人輸入ってどうやってやるの?と疑問に思う人もいることかと思います。

個人輸入の方法としては、①海外で購入して個人輸入で持ち帰る②海外の通販サイトを利用して個人輸入する③個人輸入代行の通販サイトを利用して個人輸入するの3つがあります。
オススメなのは個人輸入代行の通販サイトです。

フィンペシアは毎日飲むものであり、定期的に購入しなければならないため、①の方法だと一般的な人は購入を続けられません
海外の通販サイトを利用する②の方法だと、サイト内ややり取りが外国語であるため、多くの人が苦戦してしまいます。

ところが、③の個人輸入代行の通販サイトだと、日本人向けに運営されているためサイト内は日本語表記であり、やり取りも日本語
そのうえ購入方法も簡単であるため、フィンペシアの購入は個人輸入代行の通販サイトがオススメなのです。

利用すべきは海外業者から発送が行われる通販サイト

簡単にフィンペシアが購入できる個人輸入代行の通販サイト。
調べるとさまざまな通販サイトが出てきますが、本当に本物を扱っている通販サイトを利用しなければ、損をしてしまいます。

また、個人輸入は海外業者から直接購入者へと発送されなければならないと厚生労働省によって定められています。

OKな個人輸入

それは通販サイトにおいても同じであり、通販サイトを通して注文や代金の支払いを行った場合でも、商品の発送は海外業者から“直接”購入者へと行わなければなりません。

代行サイトを挟んだOKな個人輸入の図

NGな通販サイト

発送に関して、どういった通販サイトを利用してはいけないのかというと、海外業者から直接購入者へと発送が行われていないサイトです。

代行サイトを挟んだNGな個人輸入の図

たとえば、図のように海外業者から代行サイトへと発送が行われ、代行サイトから購入者へと発送が行われたとします。
購入者は海外業者から購入したことにはならず、代行サイトから購入したことになるのです。

これでは海外からの個人輸入とはいえず、厚生労働省による定義に反してしまいます。
代行サイトは海外業者から直接商品が届くサイトを選びましょう

1度に購入できる量は守る

フィンペシアを個人輸入する時は、1度に購入できる量の範囲内で行わなければなりません。

外用薬:標準サイズで1品目24個以内
毒薬、劇薬または処方せん薬:用法用量からみて1カ月分以内
上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2カ月分以内
引用元:厚生労働省

フィンペシアはプロペシアのジェネリックであり、処方せん薬に分類されているプロペシアと同じ有効成分フィナステリドを1mg含有しています。
プロペシアと同様の処方せん薬、または劇薬に分類されるため、1度の個人輸入で購入できるフィンペシアの数量は用法用量からみて1カ月分以内となります。

定められた数量以上を購入してしまうと、税関で没収される可能性があるため、必ず1カ月分以内を購入するようにしてください。

購入したフィンペシアは販売・譲渡NG

個人輸入とは、個人が自己の使用のために、海外から商品を輸入することです。
そのため個人輸入で購入した商品はすべて購入者が使用しなければなりません。

代行サイトから購入したフィンペシアを、効果があるからと家族や友人に譲ったり、不要になったからとメルカリなどで販売したりすることは個人輸入の定義に反します。

それどころか、国内未承認といってもフィンペシアはお薬の1つであるため、医師免許や薬剤師の資格を持っていない一般人がお薬を第3者に扱うことは薬機法にて禁止されています。
それえに違反するため、購入したフィンペシアの販売・譲渡はけっして行わず、自分だけで使用するようにしましょう。